家を建てる人に見て欲しい!マイホームを構える前に知っておくこと TOP > コンテンツ一覧 > 郊外の広い家と都内の狭小住宅

郊外の広い家と都内の狭小住宅

家を建てる土地を探す場合に、ちょっと郊外の場所に建てる人が実は多いのですが、それはなぜでしょうか。なぜなら、都内に比べ、安くて広い土地が購入できるので、理想の部屋数や広さを手に入れることができるからです。また、広い土地であれば、庭つきの家を購入することも可能です。

しかし、実際に家にいて仕事をしていない人ならいいかもしれませんが、仕事をしている人の場合、場合によっては電車で2時間以上もかかるということもあるかもしれません。もし、郊外の土地や住宅を購入するのであれば、そのあたりをよくシミュレーションしたうえで、購入するようにしましょう。もしお子さんがいる場合、高校生や大学生になって実家から通うときにも、家が学校から遠いとなると心配にもなります。やはり通勤・通学が大変だからと、簡単に家を売ることはできないので、慎重に判断してください。

もし、通勤に時間をかけたくない、という場合、都内に購入を考える人もいるでしょう。最近は土地が狭くても便利でおしゃれな家という、狭小住宅が増えてきています。無理に広い土地を購入したいからと郊外で暮らすのではなく、どこに行くにも便利な都会で狭小住宅のほうがとても有意義に時間が使える、という考え方もあります。いずれにしても、家族全員が納得できるかどうか、しっかりと話し合って家を建てましょう。

    人気サイトのリンク集

  • 片面アナログ基板、RF基板、高速デジタル基板、大型多層基板まであらゆる基板の設計実績が豊富にある基板の設計を行なうなら信夫設計はいかがでしょうか。CAD経験が10年以上の専門スタッフが、回路図入力を手伝ってくれるのでオススメです。