家を建てる人に見て欲しい!マイホームを構える前に知っておくこと TOP > コンテンツ一覧 > 注文住宅と建て売りの違いを理解しましょう

注文住宅と建て売りの違いを理解しましょう

家を建てる上で、誰もが憧れる、家族だけのための注文住宅。全て自分の思い通りにできるのですが、その分、事前に十分に調べておいたほうがよいこともあります。メリットの多い注文住宅ですが、建て売りと違う面がありますので、注文住宅ならではの条件を知ったうえで契約をしましょう。それには、時間や手間がかかるかもしれませんが、将来後悔しないためにも、怠らないようにしてください。

一番重要なのは費用についてです。建て売りだと、既に建っている家なので実際に価格が明確です。その分安く購入できることも多いのですが、注文住宅は一から全て作り始めることとなります。その分どうしても費用がかかってしまうのです。特に、メーカーや工務店選び次第でかなり変わるといわれています。あれもこれもと考えているとどうしても費用が高くなってしまうので、その分損していると感じる人もいるかもしれません。しかし、自由に建てることができますので、納得できるのではないでしょうか。もし、予算をオーバーするような場合は、内容を見直すことも必要です。

また、建て売りと違う点ですが、建てるまでの期間がかかってしまうということがあります。工務店やメーカーと打ち合わせをして、全てのデザインを決めるまでに数ヶ月かかりますし、その後細かくオーダーのとおりに建てるためには時間もかかるのです。しかし、だからこそ思い通りの住宅ができあがるのです。その点もあらかじめ納得しておくようにしましょう。

注文住宅と建て売り、それぞれにメリットがありますので、条件を判断して決めるといいでしょう。